アンティーク腕時計専門店|アドヴィンテージ - advintage -



JOURNAL

|Search
11

Instagram


|New Entry

|Category

|Archives



Monthly theme: Stay Gold.
2019.11.09 Saturday | category: Theme

 


寒暖差が大きくなり、少しずつ着る洋服に厚みが増す季節。ドレスウォッチの季節。

もともと乾燥した気候であまり汗をかかないヨーロッパでは、夏場でもジャケットを羽織ることもしばしば。汗だくになる季節は終わり、ようやくドレスウォッチの出番です。

いわゆるドレスウォッチに特に多いのが、ゴールドケース。その暖かい輝きはニットやツイード、カシミアといった冬場の生地と相性が抜群。中でも英国の腕時計は9金無垢のゴールドケースを用いたものが多く、奥ゆかしい文字盤デザインとも相まってこれからの季節に欠かせない存在だと思います。

ヴィンテージ特有の上品で嫌味のないゴールド。着けるとちょっと背伸びするような心地よい緊張感は、自分自身に年季が入っても変わらない特別な体験。今月のテーマ "Stay Gold" は、そんなゴールドウォッチの良い副作用にも着目しています。是非。



| advintage | 12:31 | - | - |


Monthly theme: The Art of Aging.
2019.10.02 Wednesday | category: Theme


今月のテーマは、advintageの秋の風物詩にもなってきた、"The Art of Aging"。作為のない、時の流れと偶然が作り出す芸術的な文字盤にフォーカス。

ヴィンテージデニムの美しい褪色、襤褸の芸術的なほつれなどともリンクする美意識。この美意識こそが、元は大量生産品である腕時計を一点物たらしめている要素なのですが、実は日本人が世界にインフォームしたということはあまり知られていないかもしれません。

ヴィンテージデニムの色落ちの奥深さが日本からの逆輸入を通して米国で人気を博したのと同様、文字盤の日焼けや経年変化の美しさも日本人発と言われています。自然の変化に美を見出す我々の国民性がそうした特殊な美意識を生むのかもしれませんが、これによって欧米を含むヴィンテージウォッチ市場も一変しました。

そもそも欧米では昔から、腕時計のオーバーホールの際、汚れた文字盤も交換したりリフィニッシュして綺麗に直したりすることも修理の一環として行われていましたが、現在世界のヴィンテージウォッチ市場では、それは価値を貶めてしまう行為として一般的な認知されましたし、極端に日焼けが進行したものは「トロピカルダイヤル」と呼ばれ珍重されています。

ひとつひとつの腕時計は、当時大量に生産されていましたが、それらが現在までたどり着くまでには様々な異なる背景が存在します。今回セレクトした腕時計たちは、まるで一人一人の人間のように、非常に表情豊かです。ぜひこの機会にその奇跡的な芸術をお楽しみください。



| advintage | 13:38 | - | - |


Information.....Continuing update.
2019.10.01 Tuesday | category: Information

現在大元のシステムがメンテナンス中ということで、僕自身もアップデート作業ができずにいます。

このメンテナンスは8時まで続くということで、当店ウェブサイトの再オープンは10時頃までお時間を頂く可能性があります。

何卒ご了承のほどよろしくお願いいたします。



| advintage | 06:48 | - | - |

Return to Top

 PAGE  [1]   OF  [120]  >>