アンティーク腕時計専門店|アドヴィンテージ - advintage -





Watchcase makers: Francois Borgel (FB)
2019.01.20 Sunday | category: Theme

防水ウォッチケースといえば、ロレックスのオイスターケースが思い浮かぶ方も多いと思いますが、それ以前、19世紀末から様々な防水構造を持つケースを発明・製造していたのが、〈フランソワ・ボーゲル〉です。

1920年代からタウベルト社(Taubert & Fils)に吸収された、一般的にはそれほど知名度の高くないサプライヤーの一つですが、モバードやミドーなど様々な腕時計がこぞってそのケースを採用し、雲上ブランドのパテック・フィリップすらそのファミリーに入るという信頼の高品質を誇る、知る人ぞ知る名門。そのケースデザインも多彩で、「こんなものも?」というレベルで豊富なバリエーションを見ることができます。


 


ウォッチケースメーカーに焦点を当てている今月の渋谷店では、このボーゲルケースのバリエーションが多く揃っています。画像はその一部ですが、こうしてずらりと眺めてみると新鮮。

 

 

 

 

 


ボーゲルケースの代表格が、モバードとウエストエンド・ウォッチカンパニー、そしてミドー。モバードで特に有名なのが、右のようなユニークかつ力強いラグデザインが特徴の、「アクヴァティック」と称されるスポーツモデル。左のウエストエンドはミドーが製造を手がけた「マルチフォート」で、バンパー式自動巻ムーブメントを搭載した珍しいモデルです。

 

 

 

 

 


モバードのカレンダーウォッチと、ブラヴィントンズ。いずれも通常よりやや大振りなラージサイズのボーゲルケース。小振りなサイズが目立つ中で移植の存在感。

 

 

 

 

 


こちらは〈ミドー〉の英国陸軍"ATP"モデル。民生用ながら高い防水性と視認性、耐衝撃性を備えるミドーの腕時計が、その性能を買われ軍用時計として英国陸軍にそのまま応急的に納入された珍しい個体です。ボーゲルケースの高い信頼性は、英国軍にも波及していました。

裏蓋にお決まりのATP(Army Trade Pattern)とブロードアロー、そしてブローカーとなった英国の宝石商〈ブラヴィントンズ〉のネームが刻印されていますが、本来商品として販売する個体だったため、英国軍への納品前に手彫りで後から彫られているのが特徴。

 

 

 

 

 

 


この10角形の裏蓋にピンときたら、ボーゲルケース。是非渋谷店でその魅力に触れてみてください。



| advintage | 17:16 | - | - |


LOOK BOOK 2018 A/W
2019.01.15 Tuesday | category: Look

昨年末ギリギリになってしまいましたが、A/Wのルックを新しく撮影しました。
今回もテーマは特になし。

冬場はアウターが重くて、特に小振りなヴィンテージウォッチは意識しないと着けてることすら分からないこともしばしば。でも、それがいい。

» LOOK BOOK 2018 A/W
 

 


ITEMページ左のサイドバーにある"GALLERY"欄、"Look Book"からご覧いただけます。



| advintage | 10:54 | - | - |


"The greatest little known" watch case makers.
2019.01.03 Thursday | category: Theme

悩みに悩んだ年明け一発目のテーマ。


毎年この時期はいつも原点を思い起こしながら、どんなテーマだとadvintageの腕時計の魅力を表現できるか、モヤモヤとそのシルエットを頭の中で描いては消しを繰り返すのですが、今年は本当に時間がかかりました。そしてふと、普段お客様との会話でしばしば出てくるのがウォッチケースの話題だったことを思い返しました。

腕時計はムーブメントのみならず、文字盤や針、ケースといった外装を構成する要素もまた、さまざまなサプライヤーが絡んでいます。中でもウォッチケースにおいては、自社が手掛けた製品をあえて区別するかのように、自社のロゴをケースに刻印するメーカーが当時いくつか存在していました。

スイスの〈フランソワ・ボーゲル〉、アメリカの〈スター・ウォッチケース・カンパニー〉、そして英国の〈デニソン・ウォッチケース・カンパニー〉。彼らは腕時計が急激にその着用環境を広げた20世紀前半、革新的な防水設計や美しい外観を持つケースデザインを数多く生み出したことで知られています。おそらく数多く時計を見ている人なら、その美しい佇まいや質感の違いは見た目で判別がつくと思います。それくらい素晴らしいものです。

今では存在していない、もしくはほとんど知られていないアノニマスメーカーが、パテック・フィリップやロレックスにも供給していたメーカーのウォッチケースを使う。このようなことが当時しばしばあったということは、ヴィンテージウォッチの奥深い価値を示唆する事例として注目に値します。

新年早々マニアックなテーマではありますが、ウォッチケースは腕時計の魅力や価値を左右する重要なファクターです。今回は代表的なメーカーにフォーカスしますが、そのリッチなデザイン性、クオリティの高さにタッチしていただければ。

本年初回の渋谷店営業日は1/8になりますので、ご都合が合えば是非。


 

 


それでは新年あけましておめでとうございます。心躍るような、そしてまだ見ぬヴィンテージウォッチを、今年もひとつひとう地道に丁寧にご紹介してまいります。



| advintage | 14:28 | - | - |

Return to Top

 PAGE  [1]   OF  [109]  >>