アンティーク腕時計専門店|アドヴィンテージ - advintage -



JOURNAL

|Search
11

Instagram


|New Entry

|Category

|Archives



Monthly theme: "Art of Aging"
2020.10.04 Sunday | category: Theme

秋の紅葉と並べて語られることも多い、時を経て色付いた文字盤。この作為のない、時の流れと偶然が作り出す芸術的な文字盤の腕時計が今月のテーマ。その「時」というデザイナーが描き出す意匠はさまざまなスタイルを持ち、それらの作品は単なるエイジング以上の価値と魅力があります。

このテーマは毎年この時期にセレクトしていますが、個人的にいつも新鮮な気分で向かい合える。それは多分、advintageのコンセプトとほぼイコールだからかもしれません。

「人が造り、時間が仕上げをする。それによって古い腕時計は特別な魅力を放ちます。」

これはadvintageを立ち上げた際に試行錯誤したお店のコンセプトの中で最も核となる一文。バイイングやお店の方向性に悩んだ時は、いつもこのコンセプトを読み返して原点に立ち戻るようにしていますが、今回のテーマはこのイメージを体現するものになっていると思います。

中でも今回はエイジングの表情の違いがさまざまな異なるスタイルとなって文字盤にあらわれる、そのバリエーションもご紹介していきたいと思います。
 



| advintage | 12:03 | - | - |


Look..."Large Rectangulars"
2020.09.28 Monday | category: Theme

今回セレクトした角形時計は、一般的なサイズよりもやや大振りなものが中心になりました。これは実は当時の腕時計の中では個体数が非常に少ないため入手が難しいジャンルです。

実際多くの角形時計は小振りで、縦のサイズが30mm前後のものがほとんど。男性が着用するには多くの場合多少の抵抗感があるのも事実だと思います。

今回はその30mmを優に超える、40mm前後の縦のサイズを持つラージケース、それも手首にフィットするよう自然なカーブを描く「カーヴェックス」と呼ばれるスタイルの腕時計もピックアップしています。それらは縦長の力強いタンク・スタイルが強調されていて、かつ厚みもあるため腕に灯る存在感は別格。華奢なイメージは一切なく、現代的な美意識にもマッチするユーティリティの高さも持ち合わせています。

 

 

Alpina 1930'S

» 詳細ページ

 

 

 

 

MOVADO "CURVIPLAN" CHRONOMETRE 1930'S

» 詳細ページ

 

 

 

 

PROVITA 1940'S

» 詳細ページ

 



| advintage | 23:49 | - | - |


Information: 22th Sep.
2020.09.21 Monday | category: Information

お知らせです。

明日9月22日の火曜日の渋谷店は祝日営業のため、12:00〜20:00の営業時間になります。
直近でスミスが大量に入荷しております。この日はマンスリーコレクションだけでなく、過去最大のスミス・コレクションにもご注目ください。

ご都合が合えば、是非。
 



| advintage | 21:44 | - | - |

Return to Top

 PAGE  [1]   OF  [134]  >>