アンティーク腕時計専門店|アドヴィンテージ - advintage -



Entry: <<  main  >>

Back from tough trip.
2018.05.20 Sunday | category: Buying trips

アンティーク 腕時計


先日ヨーロッパから帰国しました。

今回の旅のテーマは、スミスのコレクションの拡充。とりわけハイレンジであるスクリューバックケース、そしてその最高峰に位置する金無垢のデニソン・アクアタイトケースのバリエーションを増やすこと。コレクターの協力もあって、この目的はある程度達成されました。

これまでadvintageでご紹介してきたスミスのラインナップは、おもにスナップバックのドレッシーなモデルが中心。しかしスミスの名声は、エドモンド・ヒラリー卿のエベレスト登頂において使用されたエクスペディションモデルがきっかけであったことも忘れてはなりません。デニソン社のアクアタイトケースを採用したドレスラインに比べて遥かに希少なため、なかなか当店のラインナップに加わることがありませんでしたが、特にほとんど市場に出回らない金無垢のアクアタイトケースの選択肢が増えことには満足しています。

ちなみに、ヒラリー卿が実際に着用したスミス・デラックスの実物は、ロンドン・サウスケンジントンにある科学博物館に展示されています。

 

 

アンティーク 腕時計

 

アンティーク 腕時計

 


もうちょっと格好の良い展示のしかたはなかったのかと溜め息が出ますが、実物は意外と綺麗。いわゆるアーリーモデル特有の簡素な文字盤に”DELUXE”のロゴと象徴的な王冠が加わった、1953年製特有のデザインです。説明文には”STEEL CASE”とありましたが、実際は真鍮にクロームメッキ。

もちろんエクスペディションモデル以外にもレアモデルが充実しています。これらはまた改めてご紹介したいと思います。

 

アンティーク 腕時計



また今回は現地で新たなディーラーとの出会いが多くあったことも嬉しい収穫でした。特に規模の大きなウォッチフェアですら、なかなか目当てのものに出会えなくなってきた昨今、こういったディーラーやコレクターとのパートナーシップの重要性が増してきているように感じます。

特に買付けでは常に新しい発見を求めていますが、現地のディーラーですらそういうものに出会うことは難しい。「クラシック&アンユージュアル」「ありそうでない」、なにより「advintageらしい」アイテム。そういうものを狙って手に入れることは、はっきり言って無理です。運に左右されるところが大きい分、それが手に入った時の感動は大きく、その感動を皆さんと共有できれば、正直売れなくてもいいかもしれない 笑。

実は今回、スミス以外にも運命的な腕時計が数本手に入りました。たまにスミスというブランドに頼りすぎているんじゃないかと自問することもありますが、古い物の中から新しい価値を発掘するというエキサイティングな作業の楽しさを強く実感することができたのも、今回の大きな収穫のひとつ。

 


相変わらず週一の営業ではありますが、是非火曜日の渋谷店でそれを確かめてみて下さい。

ちなみに今回予算オーバーで泣く泣く逃した逸品がこちら。次回リベンジ...できるかな。

 

アンティーク 腕時計


| advintage | 01:30 | - | - |

Return to Top